今や喫煙ボックスの設置は必須!そんな喫煙ボックスの基本を初心者にも分かりやすく解説

オフィスに企業を誘致する場合、中には喫煙者も出てくるので喫煙ボックスの設置は原則として必要になってきます。
もちろん受動喫煙防止の観点から法令上の制限はあることはもちろんですが、喫煙する従業員にとっては企業選択をするうえでの重要なポイントになるからです。
喫煙については配慮が求められている意識はある者の、どのくらい必要性があるかについては一概に言えないものの少なくとも1つのテナントに1つあるだけで十分効果があります。

今や喫煙ボックスの設置は必須!そんな喫煙ボックスの基本を初心者にも分かりやすく解説

そんな喫煙ボックスですが、設置にはいくつか条件があります。
初心者や喫煙していない人から見るとスペースを準備すればよいだけに見えますが、前提として喫煙ボックスから外に煙が出ないようにすることが大前提です。
具体的には空気清浄機などの設置や、スペース事態を密閉した空間にすることなどが必要です。
一方で煙たい部屋になるのも、満足度を下げることになるため空調設備には費用を投資することをおススメします。
ポイントは密閉性が高いことと、空調がしかりしている2点に集約さるのです。

喫煙ボックスは様々な公共施設に設置されている

健康を重視する現代では副流煙による健康被害も問題になっていて、あらゆる場所では分煙が基本です。
そのため公共施設や交通機関やレストランなど、さまざまな場所で受動喫煙対策に取り組んでいます。
自治体の役所や集会所や図書館などの公共施設でも、屋内外のどこかに喫煙ボックスを設置する必要があります。
喫煙ボックスにはいろいろなタイプがあり、1人用の個室タイプから数人入れるものまで様々です。
扉があって独立したスペースになっていることもありますが、開放型ブースとして扉なしのタイプもあります。
施設の中や屋内に喫煙スペースが設けられていないときは、建物の外などに設置されているので探してみてください。
コロナ禍の中でソーシャルディスタンスを保ち密を防ぐために、複数で使えるタイプでも人数制限を設けている場合もあります。
また、高性能集塵・脱臭フィルタ換気システムなどを設置して換気を行っている喫煙ボックスもあるので、こだわりのある人はお気に入りの喫煙場所を探しておくといいでしょう。

どうして喫煙ボックスが必要なの?

タバコを吸うときに喫煙ボックスを利用するケースは多いですが、なぜ必要なのかを知らない人も存在するかもしれません。
喫煙ボックスが必要な理由はいろいろとありますが、受動喫煙対策をするのがメインの考え方になってきます。
タバコを吸うと煙がでますが、その煙を他の人が吸うことで受動喫煙になるので、肺などに悪影響がでる可能性があります。
そのようなリスクを減らすために喫煙ボックスを利用することで、喫煙者と吸わない人の距離を効率的に確保することが可能です。
オフィスでは受動喫煙対策のために分煙ブースなどを設けることが義務化されていますが、喫煙者以外の病気になるリスクを下げるのが大きな理由です。
喫煙ボックスでタバコを吸って貰うことで、タバコのポイ捨てなどを防止する役割もあり、道路からタバコの吸い殻を減らす効果もあると考えられます。
喫煙者はリラックスをすることができますが、マナーを守らないと吸わない人達の迷惑になりますから、その点を理解するのが何よりも大切です。

喫煙ボックスを設置しないと罰せられるの?

喫煙ボックスを設置していないと罰せられるということはご存じでしょうか?喫煙は煙を吸いたくない人も受動で喫煙してしまうために、健康増進法を一部改正することにより、望まない喫煙をしなくて済むようなルールへと変わったのです。
そのために今は喫煙ボックスを設置しないと法律に違反するようになりました。
理由は受動喫煙をすることで、肺がんのリスクを増やしてしまうことや、心臓病やぜんそくなどに悪影響を与えるためです。
リスクは煙草を吸わない人にも及ぶことがあり、吐き出す煙のニコチンやタール・発がん性物質を摂取してしまうことになります。
2002年に健康促進法が制定されて、公共機関やオフィスに禁煙や分煙する取り組みが行われるようになったのです。
そして2018年にはさらに改定されることにより、マナーからルールに変わっていくこととなりました。
であるからして非喫煙者は望まない喫煙をせずに済み、体調も不調をきたしにくくなるのです。

喫煙ボックスの設置にかかる費用はどれくらい?

喫煙者の方は、タバコを吸う場所があっても喫煙する際に出てくる煙が周りの方の迷惑にならないか心配でドキドキしながらタバコを吸う方が多いです。
そんな時に役に立つのが、喫煙ボックスです。
喫煙ボックスの中でタバコを吸えば、周りの方への煙の心配もしなくて安心して吸うことができます。
屋内の喫煙ボックスは、基礎工事をしてから設置するタイプと基礎工事が必要ない簡易組み立て式があります。
費用ですが、工事をしてから設置する屋内喫煙ボックスが本体価格が60万からで、簡易組み立て式のものが本体価格が85万円からとなっています。
雨などにも対応している屋外にする場合には85万から、運動会や花火大会に設置するユニットハウス式のものはレンタルで19万からとなります。
ですので、設置をする前にどのタイプのものを設置するのか場所や目的をよく考え、業者の方に事前にお願いして実際の場所を見てもらい見積もりを出してもらうと安心して業者にお願いすることができます。

年々普及率が高くなる喫煙ボックスは分煙時代の必需品

世の中の健康志向が高まりを見せ、喫煙者が過去と比較すると大幅に減少してきている傾向にある現在ですが、愛煙家の方の割合もまだ無視できる水準にはなっておらず適切に喫煙ボックスを設置することが望ましいものといえます。
公共施設や商業施設、一般の会社などでの分煙化が進んできていることから普及率も少しずつ増えてきており、喫煙ボックスの設置されている空間は集客的にも企業イメージ的にも訴求度の高いものと考えてよいでしょう。
また、近年は一般家庭の中でも喫煙ボックスの導入を検討されるケースも増えてきておりますので、普及率は今後も上昇カーブを描いていくものと推測されます。
喫煙ボックスの種類には、多くの人数が入ることのできる大型のタイプから少人数用のコンパクトなタイプまで豊富にありますので、設置する場所や利用人数などの状況から、適切な設備を選択することをおすすめします。
喫煙者も非喫煙者も快適に過ごすことができるようにするために大切な施設ですから、間違いのない選び方をしましょう。

会社に設置する喫煙ボックスは広さも考慮して購入を

健康増進法などの制定によって、多くの人の健康意識も高まりました。
そして禁煙を実施する人も多く、各企業でも終日室内禁煙を敷いているところも多いです。
また自治体によっては屋外での歩きたばこなどを禁止しているケースも多く、企業においてもそうした法令を遵守するために会社内に喫煙ブースやボックスを設けるところも多くなっているのです。
喫煙ボックス設置においては、灰皿や空気清浄機、脱臭の機能面やクリーニングの手軽さばかりに着目しがちなんです。
しかしながら、喫煙ボックスの設置に関しては広さも着目し設置しなければなりません。
ボックスの利用は社員だけにとどまらず、商談中の取引先のお客様なども利用する場所になるんです。
人が混雑してしまうと、煙草を吸うことができなくなるので最低でも5人ほど収容できる広さのあるボックスを選択することが大事なのです。
それだけの大きさの喫煙ボックスを設置する場所の確保も忘れてはいけません。

業種によって違いがある人気の喫煙ボックス

喫煙ボックスは、さまざまな日本国内の業種の店舗で使用されています。
受動喫煙被害の重要性を正確に理解している社会的な責任の強い企業ほど、こうした設備の導入に積極的です。
喫煙ボックスはさまざまな種類のものが販売されていますが、導入する企業の業種によって、人気のあるものにも違いがあります。
飲食店で人気があるのは、小型のものです。飲食店で小型のものが導入されることが多いのは、設置するためのスペースが限られているお店が多いからです。
そのために、1人から2人程度の人が一度に利用できるタイプのものが、多く導入されています。
パチンコ店などでも喫煙ボックスを設置している場合が多く、こうした種類の店舗で使用されていることが多いのは大型のものです。
パチンコ店は店内のスペースが広いお店も多く、利用客が喫煙者である割合が高いことから、多くの人が一度に喫煙できるものが好まれています。
一般の会社のオフィスなどでは、4人程度の人が一度に利用できる中規模の喫煙ボックスが人気があります。

屋内型喫煙ボックスを設置するときは火事の対策も必要

2020年度から、日本国内では公共の場では全面禁煙が義務付けられるようになりました。
これに伴い飲食店やパチンコ店・クラブなどではフロアを区切るスタイルで喫煙場を設置しないといけません。
色んなメーカーから対策設備が販売をされており、そのなかの一つが喫煙ボックスです。
ここでは簡単に、屋内型喫煙ボックスを設置する際の注意事項を述べていきましょう。
それは必ず火事の対策をしないといけない点になります。
延床面積が100平方メートルの場所であれば、スプリンクラーを2個備えつつ、警報装置も取り付けないといけません。
また喫煙ボックスには換気をよくするための配管も備えることを義務付けられています。
もしも実際に火事が発生した際にも備えて、消火器を最低2つは用意をすることも法律には明記をされています。
これらの点をしっかりと踏まえて、各施設で喫煙ボックスを設けつつ、安全に使えるようにしていくことで活用できるアイテムです。

喫煙ボックスが設置されている場所より全面禁煙の場所が多い海外の国

受動喫煙の危険性が広く知られるようになって、日本でもようやく本格的な受動喫煙対策がおこなわれるようになりました。
小さな子供などが公共の場所で受動喫煙をしないようにするための手段として、日本で多く使用されているのは喫煙ボックスです。
喫煙ボックス内でしかタバコを吸えないようにすることで、喫煙者が受動喫煙によりタバコを吸わない普通の人に迷惑をかけるのを、防止できます。
海外では日本よりも古くからこうした被害に対する取り組みが進んでいて、タバコを吸わない人の健康被害を予防するための対策がより積極的にとられています。
海外におけるこうした対策の特徴的なところは、喫煙ボックスを設置している場所が少ないところです。
そのかわりに、建物内が全面禁煙となっている場所が多くなっています。
全面禁煙をおこなっている場所が多いのは、喫煙ボックスを設置しても受動喫煙被害の本格的な解決にはならないと考えているからです。
国家レベルで全面禁煙をしている国もあります。