喫煙ボックスのメリットを見ていこう

喫煙ボックスのメリットを見ていこう

今では人前で堂々とタバコを吸うことは難しくなりましたが、すべての人がすぐに禁煙に成功できるわけではありません。非喫煙者の迷惑にならずタバコを楽しめる空間が欲しいと考えている人もいるのではないでしょうか。 最近では、会社やお店など多く人が集まるところに喫煙ボックスを用意することも増えてきました。喫煙ボックスを導入するメリットでは、喫煙者が周囲に遠慮することなくタバコを楽しめるということがあげられます。タバコの煙や臭いが外に漏れる心配もありません。煙や臭いは屋外に排出させる必要がありますが、屋外廃棄対応のものを選んでおけばスムーズに排出させることができます。屋外に置けるタイプの喫煙ボックスもあるので、倉庫や工場での設置を考えているならこうしたタイプに注目してみてはいかがでしょうか。導入するには、初期費用も発生しますが、レンタルならまとまった初期費用を用意することもなく、すぐに導入することができます。イベントなど限られたときだけ利用できるのもレンタルのメリットです。

喫煙ボックス設置が活性化されている理由とは

改正健康増進法によって施設ごとに受動喫煙をなくす対策が進められており、2020年4月1日からは健康増進法の一部を改正する法律が成立され前面施行されています。そのため今まで受動喫煙を防ぐ取り組みはマナーの範囲からルールへと変わりました。喫煙者は限られた喫煙場所でしかタバコを吸うことが難しくなってきており、喫煙所の中には喫煙者が快適に過ごせないクリーンで清潔な空間を維持することができないなど、安心して喫煙できる場所が減っている現状があります。 そこで活性化されているのが、短期間で施工が可能で様々なサイズに対応できる「喫煙ボックス 」です。喫煙ボックスはコンパクトな組立式分煙装置と呼ばれており、主に1人で利用することを目的としています。複数人数用は密閉と密集、密接の3密対策に有効であり、ソーシャルディスタンスを行える環境を構築したい場合にも適していると、バックヤードや簡易事務所などで導入されたり、最近では個人宅での導入も増えてきています。